うだつ屋智右衛門縁起帳

連作時代小説

光文社文庫

井川香四郎

2012年12月31日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“うだつ屋”と呼ばれる朝倉智右衛門。財政破綻で取り潰し目前の藩、不良債権で破産寸前の大店から、頓挫した橋の改修事業まで、思いもよらぬアイデアと創意工夫でうだつを上げる「再建屋」だ。飢饉や経済失政で社会が危機に瀕している天保年間に、最強の専門家チームを率いて飄々と不可能事を成し遂げるプロフェッショナルの姿を描き、新境地を開く新シリーズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください