隠れ切支丹

乾蔵人隠密秘録3 長編時代小説

光文社文庫

藤井邦夫

2013年6月30日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大川の中洲で女の土左衛門が見つかった。南町奉行所隠密廻り同心の乾蔵人は、吟味方与力の秋山久蔵から女の身許を突き止めるよう命じられる。頼りとなるのは骸が身に着けていた銀色の十字架。探索を進める蔵人の前に浮かび上がったのは、幕府を根幹から揺るがしかねない衝撃の事実だったー。悪に厳しく情に厚い無外流の遣い手・乾蔵人シリーズ、爽快な第三弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください