青い目の旗本ジョゼフ按針(1)

長編時代小説

光文社文庫

佐々木裕一

2014年11月12日

光文社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

徳川家康が重用したイギリス人三浦按針を父に、日本人を母にもつ三浦ジョゼフ按針。父亡き後、旗本の地位と領地、朱印状を継いだ。ある日、嵐により持ち船が難破、三浦半島に漂着したジョゼフは、その地を治める衣笠藩のお家騒動に巻き込まれる。背後にはジョゼフを追い落とそうとする老中の陰謀が…。破天荒な旗本の活躍を圧倒的スケールで描く、新たなる時代活劇!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください