雪の鉄樹

光文社文庫

遠田潤子

2016年4月12日

光文社

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

祖父と父が日々女を連れ込む、通称・たらしの家で育った庭師の雅雪は、二十歳の頃から十三年間、両親のいない少年・遼平の面倒を見続けている。遼平の祖母から屈辱的な扱いを受けつつも、その傍に居るのは、ある事件の贖罪のためだった。雅雪の隠してきた過去に気づいた遼平は、雅雪を怨むようになるが…。愛と憎しみの連鎖の果てに、人間の再生を描く衝撃作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

360

未読

21

読書中

1

既読

143

未指定

107

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

遠田潤子「雪の鉄樹」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年08月15日

続きが気になるという意味ではかなり面白かったけれどそれにしても暗すぎるな… 読むのが辛かったな

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.7 2019年05月31日

最初背景が分からずにイライラしたが、どんどん読めてストーリー面白いし感動した ハッビーエンドなのもいい

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください