いえない時間

夏樹静子ミステリー短編傑作集

夏樹静子

2016年11月9日

光文社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

男女のすれ違いと愛憎、人生に待ち受ける思わぬ陥穽、驚愕の結末ー夏樹静子氏がその作品でミステリー界に残した足跡はあまりに大きい。本書は弁護士・朝吹里矢子、検事・霞夕子の人気シリーズから、夫婦の心の機微を絶妙に切り取るショートショート作品まで、初収録の作品のみで編んだ短編集。褪せることのない夏樹ミステリーのエッセンスと輝きを楽しめる一冊!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.5 2021年06月22日

弁護士朝吹里矢子さんも検事霞夕子さんも魅力的で人気シリーズになるのも分かる。夫婦の機微や色恋沙汰など自分の好みでもっと読みたくなった。著者が亡くなっていて新作は読めないというのは残念でならないけど、褪せなミステリーを読み返すのも悪くない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください