落語推理 迷宮亭

山前譲 / 連城三紀彦 / 我孫子武丸 / 伽古屋 圭市 / 大下 宇陀児 / 快楽亭ブラック

2017年1月11日

光文社

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

落語と推理小説は昔から深い縁があった。明治期、黒岩涙香が探偵小説を紹介する前に、かの大名跡、三遊亭円朝が、なんと翻訳ミステリーを高座にかけていたのだ。また、大乱歩は英人落語家、快楽亭ブラックの探偵小説に注目、以後多くのミステリー作家が落語を題材にさまざまな作品を発表してきた。本書は古典的名作から気鋭の秀作まで、ハズレなしの八編を収録!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

9

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください