星詠師の記憶

光文社文庫

阿津川辰海

2021年10月13日

光文社

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

被疑者を射殺してしまったことで、一週間の自主謹慎に入った刑事の獅堂は、故郷の村を訪れている。突然、学ランの少年・香島が、彼の慕う人物が殺人事件の犯人として容疑をかけられている、と救いを求めてきた。殺人の一部始終が記録されている証拠の映像は、紫水晶の中にあり、自分たちはその水晶を研究している“星詠会”の研究員であると語るのだがー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.62

読みたい

8

未読

10

読書中

0

既読

22

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください