SCS ストーカー犯罪対策室 上

五十嵐貴久

2017年2月15日

光文社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

「おはよう。今日はどんな日になるかな?S」白井有梨が所属する新品川署ストーカー犯罪対策室(SCS)に、35歳の専業主婦から相談が寄せられた。2カ月も無言電話が続いており、ついには動物の足先と『殺してやる』と印刷されたコピー用紙がポストに入れられていたというのだがー。一方、実は有梨も「S」と名乗るストーカーから、無数のメールを送りつけられ続けている。いったい誰が、何のために?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.36

読みたい

6

未読

5

読書中

0

既読

36

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください