図書館の子

佐々木譲

2020年7月18日

光文社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

1937年の東京。隅田川で拾われた男が病院に運ばれてくる。身元不明の男は記憶を失っていたが、なぜかこれからやってくる戦禍の時代を知っているかのようだった。「遭難者」。とある北の国。猛吹雪の夜、図書館に一人の少年が取り残された。暖房もない極寒の館内。そこに突然現れた謎の男は少年を救い、やがて大切なことを伝え始めたー。「図書館の子」。時とたたかい、時に翻弄される者たちを描く全六編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.3

読みたい

10

未読

0

読書中

0

既読

62

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

まる

私自身の限界を知る

starstarstar
star
3.6 2021年03月06日

面白いと思う。 でも私は時間旅行というものを呑み込めないんだと気づく。 本の問題ではなく私の問題です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください