カミュの客人

村松友視

1992年5月1日

光文社

1,494円(税込)

小説・エッセイ

青山の表通りの閑静な住宅街に、カミュという小さなバーがある。入口に“Camus”というプレートのあるこの店が、小説の舞台である。カウンターのなかにいるマスターの秋月の目からみる、人間模様はクールである。常連客とは一線を引く秋月だが、いつしか渦中に巻き込まれ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください