誰にも書ける一冊の本

荻原浩

2011年6月30日

光文社

1,320円(税込)

小説・エッセイ

父が書き遺したものは、事実か創作か。「何を言われようが、私は自分の心の声に従った」-代表作『明日の記憶』で記憶の死に挑んだ著者が、平凡に思えた男の人生を、その死を通して描く。子は親の背中を見て育つと言うが、言葉でしか伝えられないことは多い。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください