和解せず

藤田宜永

2012年4月30日

光文社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

クラシック中心のプロモーターである伊木章吾は、絶縁状態だった元国会議員の父・清之助の通夜に出向いた。それから間もなく、招聘した著名なチェロ奏者が逮捕され、興行は中止となり、章吾は多大な負債を抱える。数日後、かつて伊木家で働いていた女性の娘で、章吾と深い関係があったソプラノ歌手・沢島美香子が現れる。なぜか、章吾の父親は彼女に遺産の一部を与えていたのだった。一方、チェロ奏者のプロモートを争っていた章吾の同業者・野崎が殺され、雑誌記者の吉川が章吾に近付いてくる。章吾の弟で国会議員の修司と妹・貴子に「黒い疑惑」があるというー。大物政治家だった父親の遺産を巡り、浮上したひとつの「謎」。その答えを解く鍵は、親子の確執にあったー。現代を揺さぶる圧倒的人間ドラマ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください