ミーコの宝箱

森沢明夫

2013年9月18日

光文社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

生まれてすぐに両親に捨てられ、祖父母に育てられたミーコの特技は、毎日、「小さな宝物」を見つけることー。孤独と不安のなかにも、一縷の希望を探し続けるミーコの半生を、祖父、同級生、教師、ボーイフレンド、そして愛する娘・幸子の視点で切り取った感涙のハートフル・ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.94

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

23

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

宝物を探す毎日

starstarstar
star
3.7 2022年03月06日

ミーコの祖父母の優しさに泣けた。あなたが宝物、そういう意味で鏡がついていたんだ。目は、毎日宝物を見つけるために。手はありがとうと言われるために。人は愛されて生きていく。 ミーコのチーコへの愛も泣けた。チーコは、一つ前によんだぷくぷくにも登場する。その共通点がまた嬉しかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください