虚ろな十字架

東野圭吾

2014年5月31日

光文社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(51

starstarstar
star
3.83

読みたい

23

未読

17

読書中

6

既読

402

未指定

265

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

Have read before

starstarstar
star
3.5 2020年07月20日

It is easy to read higashinokeigo books I learned that some laws and it doesn’t make bereaved family release sadness of the death.

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年01月17日

死刑は何のためにあるのか。 被害者への償い、膿の排除、善性の命と悪性の命のバランス、反省、安寧。 色々あるが、死刑廃止論の「反省につながっていない。安寧のための死刑廃止」というのは刺さった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年04月05日

東野圭吾にしては珍しく後味が悪いかも。 次が気になって一気に読めるのは流石。

全部を表示

Readeeユーザー

考えさせられる

starstarstarstarstar 5.0 2018年06月07日

犯罪とは。加害者とは。被害者とは。死刑とは。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2017年08月11日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください