失われたアイデンティティ

内と外から見た日本人 隠された歴史を求めて

Kobunsha paperbacks

ケン・ジョーゼフ

2005年6月30日

光文社

1,047円(税込)

人文・思想・社会

なぜ、いまの日本人は元気がないのでしょう?それは、日本人が自分たちの「ルーツ」を見失っているからです。人間は、自分が何者なのか知らないと、結局はなにをすべきかわからなくなってしまうのです。日本人は、これまで自分たちのアイデンティティについてまったく無頓着でした。そして、学校で習った歴史を本当の歴史と勘違いしてきました。日本の原点は、あなたが信じているような「単一民族国家」ではなく、「多民族共生国家」です。また、日本人は本来の「仏教徒」ではありません。「隠れキリスト教徒」と言った方がいいのです。じつは、仏教より早くキリスト教が伝来し、飛鳥・奈良・平安時代の日本にはさまざまな人々が住んでいました。日本人はもともと「国際人」だったのです。空海が唐の都・長安から持ち帰った「経典」は仏教の経典ではなく、景教の「新約聖書」でした。そしてザビエルは、日本人がすでに「デウス」(神)を知っていたので驚いたのです。ですから、日本人がこうした自分たちの「本当の姿」を知れば、日本は必ず復活し、あなたもきっと元気になれるのです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください