重力の虹(2)

文学の冒険

トマス・ピンチョン / 越川芳明

1993年7月31日

国書刊行会

3,135円(税込)

小説・エッセイ

混沌と破壊の支配するヨーロッパの荒野をひとりゆく、われらが〈ロケットマン〉タイローン・スロースロップ。あるときは亡命船アヌビス号で乱交パーティに加わったり、またあるときは闇商人の一味と共に旧ロケット基地を急襲したり、海辺の町では豚の英雄プレハヅンガに扮して大暴れ。元天才映画監督にして神出鬼没の闇商人〈跳ね駒〉、淫らな銀幕の女王グレタ・エルトマンとその娘ビアンカ、アフリカ・ヘレロ族の〈黒の軍団〉を率いるエンツィアーン、彼を追いかけるロシア人の異母兄弟チチェーリンとそのまた後を追うブロッケンの魔女ゲリー、〈ゾーン〉各地で彼と出会い、通り過ぎてゆくさまざまな人々。ロケットと自分自身の謎を追い求めるロースロップの偏歴は続く。一方、ロンドンでは〈組織〉に対する〈反勢力〉が結成され、抱腹絶倒奇妙奇天烈な反撃が開始された。いくつもの挿話を積み重ね、過去へ未来へよろめきながら、物語は究極のゼロ・アワーへと進んでいく。発表以来、轟々たる賛辞と非難の嵐をまきおこし、いまだ20世紀アメリカ文学の極北に屹立し続ける謎の天才作家トマス・ピンチョンの全米図書賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください