黒の貴婦人

西澤保彦

2003年11月30日

幻冬舎

1,760円(税込)

小説・エッセイ

タック、タカチ、ボアン先輩、ウサコの四人が、行きつけの飲み屋でいつも姿を見かける“白の貴婦人”と絶品の限定料理・鯖寿司との不思議な関係を推理した表題作「黒の貴婦人」。タカチに接近したくて自宅でパーティーを開いた新入生が女子大生刺殺事件に巻き込まれる「招かれざる死者」。四人の女子大生の合宿になぜか料理人として参加したタックが若者の心の暗部に迫る「スプリット・イメージまたは避暑地の出来心」。実業家が死後、愛人に残した不可解なメッセージ「ジャケットの地図」。ボアン先輩とウサコが、ご祝儀泥棒の謎を推理する「夜空の向こう側」。本格ミステリにして、ほろ苦い青春小説の決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください