依存(いぞん)

Gentosha novels

西澤保彦

2001年12月31日

幻冬舎

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 新書

七月の終わり、いつもの四人組タック、タカチ、ボアン先輩、ウサコら仲間七人は、大学の白井教授宅に招かれた。そこで初めて、みなは教授が最近、長年連れ添った妻と離婚したこと、そして新しい妻の存在を知る。年齢は四十歳前だという、まだ若々しく、妖しい魅力をたたえた女性。彼女を見て、タックは青ざめた。「あの人は、ぼくの実の母なんだ。そして、ぼくには彼女に殺された双子の兄がいたんだ」匠千暁、衝撃の告白で幕を明ける、容赦なき愛と欲望の犯罪。シリーズ最高傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください