氷の華

天野節子

2007年3月31日

幻冬舎

1,760円(税込)

小説・エッセイ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

1

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

starstarstarstar 4.0 2020年01月16日

(無題)

タイトルとジャケットを見たとき てっきり恋愛モノだと思った。恋愛がらみではあるがれっきとした推理小説、刑事モノである。いわゆるセレブ主婦が陥ったワナ そこには二重三重の嘘がからみついている。たった1本の電話で 殺人まで犯す なぜか。プライド、嫉妬、そして罪の意識。欠けたることもないと思われるほどの暮らしをしている恭子の殺人と、復讐。すっごく面白い。一気に読みたくなる、中断が苦しい。けどやっぱり刑事モノというには、追い詰める側の刑事戸田が印象薄いか。

全部を表示

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください