去年の冬、きみと別れ

中村文則

2013年9月30日

幻冬舎

1,430円(税込)

小説・エッセイ

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ込まれていく「僕」。そもそも、彼はなぜ事件を起こしたのか?それは本当に殺人だったのか?何かを隠し続ける被告、男の人生を破滅に導いてしまう被告の姉、大切な誰かを失くした人たちが群がる人形師。それぞれの狂気が暴走し、真相は迷宮入りするかに思われた。だがー。日本と世界を震撼させた著者が紡ぐ、戦慄のミステリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.2

読みたい

5

未読

8

読書中

2

既読

148

未指定

60

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstar 2.0 2019年04月05日

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2019年04月05日

仮名か。 そうかー。そしたら怖いわな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください