様子を見ましょう、死が訪れるまで

精神科医・白旗慎之介の中野ブロードウェイ事件簿

春日武彦

2014年2月28日

幻冬舎

1,430円(税込)

小説・エッセイ

果てしのない記憶の集積所として、バロック空間の様相を呈している中野ブロードウェイ。その4Fで開業する白旗慎之介は、クライアントに「様子を見ましょう」としか言わないナルシスト。偶然知り合った記憶喪失の男、灰田砂彦を助手にしたとたんクリニックは大賑わい。しかしなぜか摩訶不思議な事件ばかり起こり始める。白旗&灰田コンビが、最新の精神医学的知見を元に驚くべき手法で解決していく現代のスーパー奇譚小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください