はるか、ブレーメン

重松 清

2023年4月5日

幻冬舎

1,980円(税込)

小説・エッセイ

小川遥香、16歳。3歳で母に捨てられた彼女は、育ての親である祖母も亡くし、正真正銘のひとりぼっちだ。そんな彼女が出会ったのが走馬灯を描く旅をアテンドする“ブレーメン・ツアーズ”。遥香はお調子者の幼なじみ、ナンユウとともにその仕事を手伝うことに。認知症を患った老婦人が、息子に絶対に言えなかった秘密。ナンユウの父が秘めていた、早世した息子への思い。さまざまな思い出を見た彼女は、人の記憶の奥深さを知る。そんな折、自分を捨てた母から「会いたい」と連絡が来るのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(13

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

12

未読

1

読書中

1

既読

46

未指定

65

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2023年09月27日

重松清の本は昔ちょこちょこ読んでいたけど、久しぶりに電子書籍版で買って読んでみた。 地元に近いところが舞台だったりして親近感もあったのと、後悔や真っ当じゃない部分の思い出というものを、あんまり毛嫌いしなくていいのかなと思うことができた。だけど手放しでそっちに振れていいわけでもない。正解を示さない・示せない部分を見つめ直させてくれるお話でした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください