地上げ屋

突破者それから

幻冬舎アウトロー文庫

宮崎学(評論家)

2000年12月31日

幻冬舎

712円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

1987年秋、私は東京の神田神保町界隈に日参していた。廃業した映画館・東洋キネマ跡地の地上げをめぐり、仕事師、事件師、詐欺師などのあらゆる悪党たちと地権者、銀行、悪徳弁護士が入り乱れて騙し合いの饗宴を貪っていた。数百億の札束が舞う中、いつしか私の金銭感覚は麻痺して…。「バブル」という時代を総括する待望の『突破者』続編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください