御鑓拝借

酔いどれ小籐次留書

幻冬舎文庫

佐伯泰英

2004年2月29日

幻冬舎

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

豊後森藩下屋敷の厩番・赤目小籐次は、大酒会で一斗五升の酒をあおって藩主・久留島通嘉の参勤下番の見送りを欠き、奉公を解かれる。だが、そこには小籐次のある目論見があった。江戸城中で他藩主から辱めを受けたことを通嘉から聞かされ、脱藩して意趣返しをする決意を固めていたのである。大名行列の襲撃ー。小籐次の孤独な闘いが始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.14

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

16

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください