小説 渋沢栄一 下

幻冬舎文庫

津本 陽

2007年2月6日

幻冬舎

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「コンペニー」「コルポレーション」「バンク」を創り、新たな国家システムを構築した“富国共栄”の設計者・渋谷栄一。「経済の平和は民心の平和に基を置かねばならぬ」ことを信じた男の発想力、行動力の源泉とは何だったのか?現代社会にも通じる混乱と閉塞を駆遂し、改革を断行した不世出の経済人の生涯を描き切る歴史巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.77

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

15

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

OSA

公に尽くす

starstarstarstar 4.0 2020年08月06日

世界に追いつくため、日本のために今行うべきことは何かという軸を持って多くの民間企業の設立に貢献。自分は公のために何ができるか少なくとも判断の基準の中にいれたい、いれられるかな。これができたら自分も豊かさをいただける気がしてくる。そんなような伝記。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください