てるてるあした

幻冬舎文庫

加納朋子

2008年2月29日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

親の夜逃げのため、ひとり「佐々良」という町を訪れた中学生の照代。そこで彼女が一緒に暮らすことになったのは、おせっかいなお婆さん、久代だった。久代は口うるさく家事や作法を教えるが、わがまま放題の照代は心を開かない。そんなある日、彼女の元に差出人不明のメールが届き始める。その謎が解ける時、照代を包む温かい真実が明らかになる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.29

読みたい

9

未読

15

読書中

1

既読

82

未指定

69

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください