彼女がその名を知らない鳥たち

幻冬舎文庫

沼田まほかる

2009年10月31日

幻冬舎

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.25

読みたい

41

未読

36

読書中

5

既読

218

未指定

152

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー (1)

とも

(無題)

starstar
star
2.8 2018年02月06日

みっともない男と、みっともない女が、絶望の中で救いようもなく傷つけ合う。その日常を延々とリアリティを持って模写してゆく。著者はそこにどんなメッセージを込めているのか。読み終わるまで、この疑問は解けなかった。それは、単純に不愉快な人物が描かれているというだけじゃなく、巧妙な物語の構成によってもたらされる効果だ。「素晴らしい人」は彼女の遠くにいて「最低な人」は近くにいる。遠くにいる「素晴らしい人」は、夢のなかの住人のように美しく描写されるが、「最低な人」の最低な部分は、情け容赦なく描写される。しかし、十和子が求めた純粋な愛は、近くにあったのだった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください