霧に包まれた恋人

ラベンダーブックス

ビクトリア・ホルト / 松本都

2011年5月31日

幻冬舎

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

19世紀。イギリス人の父とドイツ人の母を持つレヘナは、十代後半をドイツで過ごした。十八歳のころ、ヘレナは森に迷いこみ、白馬に乗った美しい男性に救われたことがある。それ以来、ヘレナは彼が忘れられなかった。ある晩、祭りに出かけたヘレナは、思いがけず白馬の男性との再会を果たした。彼は自分がロケンブルク伯爵マクシミリアンであり、ヘレナのことをずっと想い続けていたと語る。そして、プロポーズし、結婚式を瞬く間に済ませてしまう。ヘレナは驚きながらも、幸せの絶頂にあった。ところが結婚して五日目の朝、ヘレナは母の親戚イルゼの家で目覚めた。イルゼは、ヘレナが祭りの夜以来、六日間も眠り続けていたと言う。伯爵と結婚したと訴えるヘレナを、誰も信じない。医者は薬の副作用だと診断した。あの結婚はすべて夢だったの?愛する夫はどこへ!?ゴシック・ロマンスの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください