大わらんじの男(4)

八代将軍徳川吉宗

幻冬舎時代小説文庫

津本陽

2011年8月31日

幻冬舎

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

八代将軍・吉宗にとって、幕府財政の立て直しは急務であった。無能な老中が勘定方の言い分を鵜呑みにして政事をしてきた結果、財政は破綻の兆しを見せている。幕府勘定所の機構改革、年貢収納を担当する地方役人の監督強化を断行せねばならない。だが折も折、大樹の座を奪われ、私怨を抱く尾張家が思わぬ事件を引き起こす…。白熱の第四巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください