祝言日和

酔いどれ小籐次留書

幻冬舎時代小説文庫

佐伯泰英

2012年2月29日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

久慈屋の跡取り娘と番頭の祝言が迫った夏、駿太郎が高熱を発し、元庵先生の屋敷を訪ねた小籐次は、ひょっこり現れた秀次親分から相談事を持ちかけられる。御用の手助けが過ぎると観右衛門に釘を刺されていた小籐次だが、聞くともなく聞いた頼みは、にわかには信じ難い、幕閣をも巻き込む大事件を解決するための助力だった。大興奮の第十七弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar 3

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

17

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください