平等ゲーム

幻冬舎文庫

桂望実

2012年4月30日

幻冬舎

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「一六〇〇人、全員平等」の島がある。仕事は四年ごとの抽選で決まり、住居は家賃も光熱費もタダ。究極のユートピアだった。島生まれの芦田耕太郎は、そこが夢の社会であると信じて疑わない。だが、島民が欲を満たすために金のやり取りをしていると知った彼が動き始めた時、理念の裏側に渦巻く小狡い人間の性が露呈するー。圧巻の傑作長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

4

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

社会科の参考書

starstarstarstarstar 5.0 2019年01月03日

資本主義と社会主義の説明に使うには最適。 内容としても面白い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください