美女と魔物のバッティングセンター

幻冬舎文庫

木下半太

2012年4月30日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自分のことを「吾輩」と呼ぶ、金城武似のホスト・タケシは、実は吸血鬼。彼は、歌舞伎町のバッティングセンターで美女の復讐屋・雪美に会ってから、彼女の片棒を担がされている。二人のもとを、常識外れの依頼者が次々やってきては無理難題をふっかけていく。無欲で律義で人間臭い“吸血鬼”は、体当たりで使命を全うしよとするが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.85

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

29

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください