もしもし下北沢

幻冬舎文庫

よしもとばなな

2012年8月31日

幻冬舎

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

父を喪い一年後、よしえは下北沢に引っ越し、ビストロ修業に励んでいた。父の匂いはもうかげないし、言いたかった言葉は届かない。泣いても叫んでも時は進んでいく。だが、母が淹れる濃くて熱々のコーヒーにほっとし、父の友人の言葉で体と心がゆるむ瞬間も、確かにあるー。殺伐とした日々の深い癒しと救済を描いた、愛に溢れる傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.56

読みたい

6

未読

1

読書中

1

既読

46

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

久々に

starstar
star
2.9 2020年06月01日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください