吉原十二月

幻冬舎時代小説文庫

松井今朝子

2013年6月30日

幻冬舎

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大籬・舞鶴屋に売られてきた、容貌も気性もまったく違う、ふたりの少女。幼い頃から互いを意識し、妓楼を二分するほど激しく競り合いながら成長していく。多くの者が病に斃れ、あるいは自害、心中する廓。生きて出ることさえ難しいと言われる苦界で大輪の花を咲かせ、幸せを掴むのはどちらか。四季風俗を織り込んだ、絢爛たる吉原絵巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.67

読みたい

4

未読

1

読書中

1

既読

10

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年01月09日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください