一番線に謎が到着します

若き鉄道員・夏目壮太の日常

幻冬舎文庫

二宮敦人

2015年5月31日

幻冬舎

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

郊外を走る蛍川鉄道の藤乃沢駅。若き鉄道員・夏目壮太の日常は、重大な忘れ物や幽霊の噂などで目まぐるしい。半人前だが冷静沈着な壮太は、個性的な同僚たちと次々にトラブルを解決。そんなある日、大雪で車両が孤立。老人や病人も乗せた車内は冷蔵庫のように冷えていく。駅員たちは、雪の中に飛び出すがー。必ず涙する、感動の鉄道員ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.85

読みたい

15

未読

22

読書中

0

既読

73

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください