花伏せて

江戸の闇風 2

幻冬舎時代小説文庫

山本巧次

2020年2月6日

幻冬舎

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小野小町のような容姿で美しい歌声を響かせる常磐津の師匠・お沙夜は、悪党からカネを盗む裏稼業を持つ。新たに目を付けたのは町名主と菓子屋の主人。二人には、商家に詐欺を仕掛けて、莫大な利益を得ているという噂があった。指物師や浪人とともに真相に迫り、大金を掠め取ろうとするお沙夜。だが、火付盗賊改が彼女に気づき、動き始める…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください