祈書きの巫女と銀の鱗翅

幻狼fantasia novels

彩木沙茄

2011年7月31日

幻冬舎コミックス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大地母神に仕える祈擁(きよう)の巫女・シルアは、初めての任務で赴いたオルデン城下街で、ぎこちないながらも布教活動を行っていた。しかし無許可の営業とみなされ、若い官僚のファルに捕まってしまう。温情により咎めは受けずに済むが、領主の祈りを書いた祈書(きが)きを神殿まで運ぶことになった。途中まで強引な性格のファルと都に向かうことになるが、魔物や盗賊に狙われー。「幻狼杯」一位作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください