ジャーナリズム崩壊

幻冬舎新書

上杉隆

2008年7月31日

幻冬舎

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

日本の新聞・テレビ記者たちが世界中で笑われている。その象徴が日本にしかない「記者クラブ」制度だ。メモを互いに見せ合い同じカンニング記事を書く「メモ合わせ」、担当政治家が出世すれば自分も出世する歪んだ構造、権力におもねり掴んだ事実を報道しない体質。もはや新聞・テレビは権力をチェックする立場と国民に知らせる義務を放棄したも同然である。恐いもの知らずのジャーナリストがエリート意識にこりかたまった大マスコミの真実を明かす、亡国のメディア論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

10

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年12月15日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください