五階の窓

合作探偵小説

春陽文庫

江戸川乱歩

1993年10月25日

春陽堂書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

Sビルディングの窓下の路上に、死骸となって横たわっていた西村電機商会主の西村陽吉の死因は何か。自殺か他殺か。他殺とすれば犯人は何者か…。共犯者の有無は…。犯人当て懸賞小説として『新青年』の大正十五年五月号から十月号まで、半歳に亙って好評裡に連載された合作探偵小説「五階の窓」は発端が江戸川乱歩の筆に始まり、平林初之輔・森下雨村・甲賀三郎・国枝史郎と進み、そして終局は小酒井不木の筆をもって解決する。殺人の動機と事件の経過は…。捜査の進展とともに続出する容疑者たちに、いまや事件は迷宮に入ろうとしている。はたして読者諸賢は賞金を狙えるか…。わが国探偵文壇黄金期に企てられた新機軸の試みを甦らせた合作探偵小説第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください