「明日の田園都市」への誘い

ハワードの構想に発したその歴史と未来

東秀紀

2001年10月31日

彰国社

2,750円(税込)

科学・技術

田園都市の理念が、一九世紀末のロンドンの劣悪な都市環境に対する批判から生まれたことは確かであろう。そして具体的な都市イメージには中世の都市のスケールが参照されていることも事実であろう。しかもその源にはラスキン、モリス、そして米国のベラミーらが抱いたユートピアのイメージが横たわっている。日本においては、すでに明治時代に内務省の有志によってこの田園都市の理念が本格的に紹介されているし、欧米においてもこれを応用する都市づくりの試みがなされた。本書は、このような田園都市の歴史を幅広く捉えたものである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください