東大vs京大

橘木 俊詔

2016年9月2日

祥伝社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

日本における大学の双璧・東大と京大。設立以来、長らくトップに君臨してきた両校であるが、最近は、他の旧帝国大、一橋大、東工大、早慶などから果敢な挑戦を受けている。とはいえ、まだまだその存在感は他の追随を許すものではない。本書は、この両校の設立経緯、歴史、その指導的役割、現状、課題について明らかにしたものである。そして、学生、教授、研究・教育内容や、ノーベル賞、卒業生の進路、活躍などについて、統計資料を用いながら詳しく比較・分析した。東大・京大は、今後も覇者たりえるのか。それとも?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください