妖婚宮

長編超伝奇小説

Non novel

菊地秀行

2008年5月31日

祥伝社

921円(税込)

小説・エッセイ / 新書

IT財閥御曹司の月島やしきが東北の名家令嬢・滝王真奈との結婚を前に失踪した。捜査を開始した人捜し屋秋せつらの下に、直後、真奈の元恋人を名乗る森童子識名が現われる。識名は真奈と並び、東北に覇を競った闇の一族の裔であった。やしきは、その忌まわしき血を恐れたのか?真奈の奪還とやしき抹殺を狙う識名は、せつら排除を目論む。一方、滝王家も婚約破棄への報復に一族を挙げて“新宿”へ潜入。やしきを捕捉せんとせつらに牙を剥く。かくて北の都に棲息した古の妖人たちとせつらの魔戦が幕を開けた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください