幕末戦慄の絆

和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

祥伝社文庫

加治将一

2016年4月13日

祥伝社

869円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

引退を表明していた歴史作家・望月真司のもとに、幕末の動乱期、公武合体の象徴にもなった皇女和宮の「謎」が持ち込まれる。その「謎」とは、和宮の肖像写真とされる人物が別人であることや、発掘された遺体から、なぜか左手首だけが失われていたことなどを告げていた。調査を開始する望月。やがて、謎に包まれた和宮の生涯と、和宮に関わる人物たちの発言、行動から明治維新最大のタブー“天皇すり替え”の核心が浮かび上がってきた!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

9

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください