鏡の女

推理小説

祥伝社文庫

内田康夫

2001年2月28日

祥伝社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある日突然,浅見光彦の許に大きなダンボールが届いた。中味は姫鏡台。送り主は浅見の初恋の相手・夏子だった。戸惑いながらも淡い思いに引きずられるように、現在彼女が住む田園調布へ赴く。ところが、そこで浅見を待ち受けていたのは、夏子の死の知らせだった。鏡台に残された彼女の謎の言葉とは?(「鏡の女」より)鏡にまつわる抒情溢れる推理小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.33

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

18

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください