まほろ市の殺人(春)

祥伝社文庫

2002年6月30日

祥伝社

419円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「人を殺したかも知れない…」真幌の春の風物詩「浦戸颪」が吹き荒れた翌朝、美波はカノコから電話を受けた。七階の部屋を覗いていた男をモップでベランダから突き落としてしまったのだ。ところが地上には何の痕跡もなかった。翌日、警察が鑑識を連れどやどやとやって来た。なんと、カノコが突き落とした男は、それ以前に殺され、真幌川に捨てられていたのだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

15

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください