刺客殺し

風烈廻り与力・青柳剣一郎

祥伝社文庫

小杉健治

2006年3月20日

祥伝社

660円(税込)

小説・エッセイ

青柳剣一郎と剣道場で同門だった浦里左源太は、陸奥の藩に仕え幸せな家庭を築いているはずだった。ところが左源太の零落した姿が江戸で散見され、首をざっくりと斬られた武士の死体が見つかる。それは絶命剣という恐るべき技で、左源太がまさに体得しようとしていたものだ。何故家族を捨て、刺客となって帰府したのか?風烈廻り与力の剣と人情が冴える傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

9

みんなのレビュー (1)

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください