秘録帝銀事件

ドキュメント「闇の昭和史」

祥伝社文庫

森川哲郎

2009年7月31日

祥伝社

817円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

昭和二十三年一月二十六日、豊島区の帝国銀行椎名町支店を訪れた男が、近所に発生した集団赤痢の予防と称し薬を飲ませ、十六人中十二人を毒殺した。敗戦に打ちひしがれる国民を震撼された帝銀事件である。画家平沢貞通が逮捕されるが、平沢の単独犯行説には数多くの矛盾があった。本書はGHQや七三一部隊の関与が噂された事件の真相に迫るドキュメントである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください