辻あかり

屋台ずし・華屋与兵衛事件帖

祥伝社文庫

逆井辰一郎

2012年4月30日

祥伝社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

文政四年十一月のある夜、屋台ずしを営む華屋与兵衛は、主殺しの下手人にされた呉服問屋の手代・房吉を一時匿った。だが、助けてほしいという願いは拒絶。与兵衛には、人には言えない過去があったのだ。直後、房吉は土左衛門に、その許嫁も身投げした。与兵衛は真相究明を己に課すが…。過去を捨て、町人として生きる男の覚悟と苦悩、成長を描く時代推理の意欲作。書下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください