死地に候

首斬り雲十郎3

祥伝社文庫

鳥羽亮

2014年4月30日

祥伝社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

牢人はぬらりと立っていた。両肩が下がり、全身の力が抜けている。それでいて、全身から痺れるような殺気をはなっていたー「あやつ、まさに死人の剣だ」藩の介錯人を目指す鬼塚雲十郎の友・馬場新三郎は自らを襲ってきた剣をそう称した。藩の不正取引を巡る内紛の最中、最強の刺客団が雲十郎を狙う。居合と介錯を融合させた必殺剣は、敵を屠れるのか!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください