天地の螢 日暮し同心始末帖4

辻堂 魁

2016年11月11日

祥伝社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

両国川開き大花火の深夜、薬研堀で勘定組頭が斬殺された。刀を抜く間も与えぬ凄腕に、北町奉行所平同心の日暮龍平は戦慄した。先月の湯島切通しと亀戸村堤での殺しに続く凶行だった。探索の結果、いずれの現場近くにも深川芸者くずれの夜鷹の姿が。やがて、人斬りと女のつながりにとどいた龍平は、悲しみと憎しみに包まれた真相に愕然としー剛剣唸る痛快時代!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

54

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください